SMC PENTAX-DA 14mm F2.8 ED(IF)

単焦点が良いと、カメラを始めたばかりの頃に教わった。
購入当時に勤務していた会社で取材旅行で海外に行くことになったため、広い大地を広く撮りたいと思ったためにこのレンズを購入。

今更ながら旅行ならズームレンズのほうが良いと思う。が買ってよかったと思うレンズでもある。

フルサイズでも21.5mm相当となり、我が家では一番広角に撮れるレンズ。

個人的には、広角よりも標準~中望遠域が好きなんだけど、これはこれで使っていて楽しいレンズ。

破綻のないボケで、最短撮影距離が0.17mなので狙えばバブルボケのような描写もしてくれる。
大口径だけど、そこまで重さもなく、我が家のK-01とは良い組み合わせで常用するには非常に楽しいレンズだと思う。

普段はオールドレンズがメインになっているけど、解像感ある風景写真を撮るには欠かせない。

予算に余裕があって、今買うならHD PENTAX-DA★ 11-18mmF2.8ED DC AWのほうが良いんだろうけど。
個人的にもほしい…。

レンズ情報
SMC PENTAX-DA 14mm F2.8 ED(IF)
マウント:K-マウント
焦点距離:14mm(21.5mm)
開放絞り:F2.8
最小絞り:F22
絞り羽:6枚
最短撮影距離:0.17m
フィルター径:77mm
S.N.:5914573
レンズ構成:11群12枚
重量:420g
販売時期:2004年6月12日発売
入手時期:2008年9月
入手時価格:約¥60,000

個人的レンズ評価(5段評価)
写り:★★★★★
シャープさ:★★★★★
発色:★★★★★
ぼけ感:★★☆☆☆
逆光耐性:★★★★☆
楽しさ:★★★★★
総合:★★★★★

タイトルとURLをコピーしました