RICOH XR RIKENON 135mm F2.8

2009年10月ごろにヤフオクにて入手。

XRリケノンはK-マウントをメインに製品を出していたくらいに、リコーとPENTAXは相性が良かったのかな?と思わせるような今の状況。リコーイメージングのブランドとなったPENTAX。詳しくはwiki(リンク)で。

当時は友人からリケノンが良いよと言われ、望遠レンズが無かったので、比較的安価(たしか5000円前後)だったため、入手した記憶。

個人的にはこのレンズ、APS-Cのセンサーサイズで使うと良いと思ってる。特に花が撮りやすい。最短焦点距離が遠いからK-1撮ると物足りない気がしてしまうんだけど、K-01やK20Dで撮るとちょうどいいくらいのサイズで花が撮れる。

柿を撮ったときは、K20Dで何となく撮った一枚なんだけど、2020年のいまだに135mmで始めて撮った一枚だからか記憶が残っている。

ちなみにハイビスカスを撮ったときはF8まで絞ったと思うけど、赤い花びらがしっかり写っていて、収差も感じなくくっきり描写されている。

アガパンサスを撮ったときは夜だったのもあり、F2.8の開放で撮ってるんだけど、いい具合に艶のある描写で収差も感じさせない。

レンズ情報
RICOH XR RIKENON 135mm F2.8
レンズ構成:4群4枚
最短撮影距離:1.5m
マウント:K-マウント
重量:440g
販売時期:1977年

RICOH XR RIKENON 135mm F2.8 ブログ内関連投稿

スポンサーリンク
シェアする
すきなーをフォローする
未来に自分が楽しむ育児日記
タイトルとURLをコピーしました