クリスタ3Dのパース設定について


この計算機について

クリスタで3Dを扱っていると疑問に思う、3D設定の中にある『パース』項目。

サブツール詳細のパース設定

何となく画角を決めているような気はするけど、どんな数値にしていくのが正しいのかわりにくいです。

そこでこの数値がどんな設定になっているのか確認しました。
すると、アップデートされた時に公式で解説してくれていました。

Ver.1.6.0以降の新3Dデータ読み込み形式においては、縦画角をαとすると、パース値は以下の式で表されます。
100tan(α/2) / tan(80°)

https://www.clip-studio.com/clip_site/support/faq/detail/svc/52/tid/87549

この説明を見て理解できる人、正直ほとんどいないんじゃないかと…。ただ、公式で解説するにしても難しい内容だよなと思うので、とりあえず計算機を作ってみました。

基本的に、50mmなどの焦点距離を計算する場合は、35mmフィルム(フルサイズセンサー)であることを前提としているので、36mm×24mmのフルサイズセンサーを想定した計算機になっています。

なので、この計算機、原稿の比率も3:2比率でないと意味がないです。

カメラを通した画が原稿に出力されているイメージなので、3:2の比率の原稿じゃないと合ってくれません。
実際に写真上に3Dキャラを合わせてみた図がこんな感じです。

ポイントは、カメラの設定操作で床と床を表すグリッドの面をだいたい合わせることです。
これによってパッと見た感じ、キャラクターは床に設置され、違和感がない感じになっているのではないでしょうか?

また、クリスタの3Dパース設定の下に、『連動してカメラを前進・後退』という項目がありますが、カメラのレンズを意識して3Dを配置しようとする場合、この設定にチェックが入っているとカメラが勝手に移動されてしまうので、意図した絵にならない場合があります。

35mm換算で考えたレンズ設定を意識するならばチェックを外しましょう。

とはいっても、基本的に漫画のコマに使うという前提の場合は、そもそもこの計算機自体意味が無いので気にするような設定ではないのかもしれません。

もしも使い方を考えるとすると、最初に写真に合わせた配置をした後にトリミングして使うくらいですかね…?

とりあえずカメラをやっている人間としては、気になったので作ってみたのでした。

2020年9月15日付の情報です。

これ以外のクリスタに使い方などについては下記ページへまとめました。

漫画に役立つ記事まとめ - 自分のための漫画メモ
このサイトでは、漫画制作や『CLIP STUDIO PAINT』といったペイントソフトの実践的な使用方法、漫画制作に役立ちそうな製品情報などを個人メモ含め、自分のメモが誰かの役に立ってもらえたらといった共有をさせていただ

コメント

タイトルとURLをコピーしました